遊休地の土地活用におけるさまざまな方法について、特徴や選択基準についてご紹介します。
活用法ごとにメリット・デメリットありますし、時期も関係してきますので、まずはそれぞれの特徴をつかんでいただければと思います。

概要

2012年7月から始まった全量買取制度により、遊休地を自家発電所として
土地活用する事業が注目されています。用途が少なく放置になってしまっている、
山間部の土地で利用方法が見当たらない、といったの理由であきらめていた土地でも、
周囲の環境や方角次第では収益物件になる可能性を秘めています。

また、太陽光発電システムを遊休地に設置し、自家発電所として運営するのは
もちろんのこと、用地だけを貸し出したい、といったご要望にもお応えいたします。

土地の適性

太陽光発電の用地に最適な条件としては、樹木の伐採や整地など余分な費用が発生しない、近くに電柱が立っている、、
南向きで日当たりが良い、といったことが挙げられます。
また、設置に適した用地は、資産価値の低い荒地や空き地、利用用途が少ない土地、山林や転用許可の出た農地などです。

概要

土地活用で多くの方が思い浮かぶといえば、アパート経営でしょう。
工業専用地域以外であればどこでも建築できますし、
ある程度形状の整った、中規模以上の土地があれば対応が可能です。
固定資産税などの評価額がアップし、保有コストが上昇したこと、
また相続をする際に財産評価額がアップしたことなどを踏まえ、
賃貸を目的として住共用建物を建てるケースが増加し、
中でもアパートを建てる人が増加傾向にあります。
また、アパートといっても外装・内装ともに非常に品質に対して関心が高まってきており、
見栄えの良くないアパートは敬遠されてしまう傾向にあります。

土地の適性

周囲にどのような人が多く住んでいるのか、ということをリサーチした上で決定する必要があります。
独身の方が多い地域の場合、交通の便が悪い土地はアパートには不向きです。
妻帯者が多い地域の場合は、交通の便に加え、文化施設や商業施設が近くにないとアパートには向きません。
学生街ならば、商店街や娯楽施設などが近隣に整っている土地がアパートに向いていると言えます。

近年はアパートの供給量が増加傾向にありますので、周辺の他物件の入居状況などを詳細に調査することも重要です。
入居者確保のためには、設備の充実やペット対応など、他物件に対して差別化を図る努力が必要となってきます。

・概要

アパートと同様に、一般的な土地活用の方法です。
マンションも立地が重要なポイントになりますが、
土地の高度利用が可能な地域では、特に有効となります。
ワンルームマンションタイプとファミリー向けタイプとに大別されますが、
どちらのタイプが好ましいかは、周辺環境や立地によって判断されます。

・土地の適性

ワンルームタイプの場合、対象が独身社会人か学生かで立地条件は異なりますが、
社会人の場合はやはり通勤の便が重要視され、学生の場合は商店街や繁華街への
アクセスの良さが重要視されるようです。

ファミリー向けタイプの場合は、近隣に文化施設や商業施設があって、
生活面の利便性が高いことがポイントとなります。
また、アパートと同様、供給量が非常に多いため、周辺物件の稼働状況の調査や、
他物件に対する差別化の検討が必要となってきます。

・概要

アパートやマンションに代わって、注目されているのが戸建賃貸住宅です。
特徴としては、50坪ほどの狭い土地で、かつ、アパートやマンションと比較しても
低予算で始めることができるため、一般的なサラリーマン層が年金対策として、
個人の宅地で始められるケースが増加してきています。
また、入居者は戸建に住みたいというニーズが多いにもかかわらず、
戸建賃貸住宅の供給が少ないため、賃貸経営者としては高い家賃設定が
期待できるということになります。

・土地の適性

戸建であっても賃貸住宅である以上、立地は重要な点ではありますが、
入居ニーズが高いため、駅から多少遠くても、それほど問題でないことが魅力です。

また、狭小地や変形土地など、他の活用用途が困難な土地であっても、有効活用を検討することができます。

 

施工事例
会社概要
株式会社 京葉テクニカ
千葉県市川市市川南3-5-13
京葉テクニカ
「マリアージュ市川」202
 
■住宅部門
・開発事業
・建築事業
 

詳しい会社案内はこちら

ご相談・お問い合わせ

土地や建物の税金対策や
相続税対策、建築サービス等に
ついて、ご不明な点は
ご相談・お問い合わせください。

メールでお問い合わせ